どういうこと?目元の保水について

眼元は膚がハンカチほどの薄さしかないですから、僅かな刺激でくすみといったものが出やすい部分であります。そのためにも、毎日のしっかりとしたお手入れが必須になる場所ともいえ、お手入れを継続することで縮緬皺や茶クマ、目もとのたるみ等の状態を軽減することが出来るのです。

お手入れをする際には、クマの種類にあわせた対策をしていくことが大切です。目もと専用美容液も皮膚の状態に適した商品がお店で広く売られているため、肌の状態に合った商品を使用してみることが肌トラブル解消に良いとされています。

目の周りの乾燥が悩みの種といった時には、潤い成分を含んだセラミドまたは保水力のあるヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲン等のうるおい成分が含まれたものがお薦めになります。ヒアルロン酸は保水力がとても優秀なため、肌の水分不足などが原因の乾燥によってできる眼もとの縮緬皺に非常に効果的です。

肌のくすみが悩みといった時には、美白成分のあるvitaminC誘導体がおススメです。vitaminC誘導体はコラーゲン生成を活発にする働きがある成分なので、日に焼けた時もしくは炎症などで生成されたmelaninによって起こったしみやしわに非常に効果があり、しわを本当に改善ししてという場合にはレチナール配合の保湿クリーム 配合のエッセンスがお勧めだと言われています。肌への負担が少なく安定してしみ対策の化粧品に配合されているRetinalはビタミンAの総称です。ビタミンAは皮ふに非常に大切な物質で傷ついた肌や細胞を回復させてcollagenやエラスチン、hyaluronic acidを生成します。

しかし使用前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやRetinalはお肌のあまり丈夫じゃない人が使用した場合肌負担が強い可能性も考えられます。そのため、肌トラブルにならないように使うためになるべく二の腕などにそれらを塗りパッチテストをして肌の状態を見ながら使いはじめることがおススメとなります。そして、目元の美容を行う時にはクレンジングゲルなどにも気をつける必要が大切です。